青汁 続けるコツ

青汁を続けるコツって?
Line

青汁を続けるコツとは?


ここでは青汁を続けるコツについて書いています。

青汁を続けないと意味がないので、飲む前にどうすれば続けられるのか知っておいた方がいいでしょう。

Line

青汁を続ける5つのコツ


青汁を続けるコツは5つあります。

・飲みやすい青汁を選ぶ
・高価な青汁を避ける
・牛乳や豆乳で作る
・飲む時間を決める
・定期購入する

飲みやすい青汁と飲みづらい青汁があるので、少しでも飲みやすいものを探してください。

野菜が嫌いな人はクセが強いケールを主原料とした青汁は避けた方がいいでしょう。

また、解凍して飲むタイプも青臭さが気になる可能性があります。

抹茶やハチミツが配合されたものだと青汁らしさがなく飲みやすいと思います。

高価な青汁だと家計を圧迫してしまって続けることができません。

必ず無理なく続けられる価格のものを選んでください。

ただし、あまりにも安すぎる商品の場合、原材料の質が悪かったり、添加物が多く使用されていることがあるので注意しましょう。

粉末状の青汁を飲む時、どうしても青汁の味や香りが気になるなら水ではなく牛乳や豆乳で作ってみてください。

そうすると野菜の臭みが消えて、一気に飲みやすくなります。

子供に食べさせたい場合は、アイスクリームやヨーグルトに入れると喜んで食べてくれるでしょう。

青汁は薬ではないので、特に飲む時間は決まっておりません。

いつ飲んでも構いませんが、いつも飲むタイミングがバラバラだと飲み忘れることがあります。

飲み忘れを防ぐためにも時間を決めて飲むことをおすすめします。

毎日同じ時間に飲むことで青汁が習慣になり、意識しなくても飲めるようになるでしょう。

単発購入よりも定期購入の方が続けやすいです。

単発購入だとなくなる度にその都度買うことになるので、面倒に感じてやめてしまう場合があります。

定期購入であればなにもしなくても勝手に届くので、いちいち注文する必要がありません。

さらに定期購入だと割引されて安く飲むことができます。

Line

青汁を続けるコツのまとめ


まとめておけば青汁を続けるコツは、

・飲みやすい青汁を選ぶ
・高価な青汁を避ける
・牛乳や豆乳で作る
・飲む時間を決める
・定期購入する

の5つです。

こうした工夫をすることによって、途中でやめずに続けることができます。

青汁は効果を現れるまで時間がかかります。

1日や2日では変化はないので、最低でも1ヶ月、できれば3ヶ月程度は続けてください。

このくらい続けないと効果の有無を判断するのは難しいです。

Line