青汁 種類

青汁の種類って?
Line

青汁の種類とは?


ここでは青汁の種類について書いています。

一言で青汁といっても色々なものがあるので、どんな種類があってなにが違うのかしっかりと理解しておきましょう。

Line

青汁の種類は大きく分けて4つ


青汁の種類は大きく分けて4つあります。

・冷凍タイプ
・粉末タイプ
・サプリメントタイプ
・ジェルタイプ

冷凍タイプとは、解凍が必要な青汁のことです。

解凍しないといけないという手間がありますが、新鮮な野菜本来の栄養が凝縮されています。

ただ、冷凍タイプの場合、基本的にクセがあります。

ケールを主原料とした冷凍タイプだとクセが強くて飲めない人もいるので、野菜嫌いな人には不向きです。

最も一般的なのは、粉末タイプの青汁になります。

水や牛乳、豆乳などの飲み物に溶かして飲みますが、料理に使うことも可能です。

冷凍タイプと比べると青臭さが少ないので、飲みやすいと思います。

解凍の手間がない、携帯しやすいというのも粉末タイプのメリットです。

粉末タイプでも味が気になって飲めない、わざわざ解凍したり、混ぜたりするのが面倒といった人におすすめなのがサプリメントの青汁です。

サプリメントタイプの青汁であれば、味やニオイを気にせずに気軽に飲むことができます。

近頃はサプリメントタイプの青汁が増えてきました。

商品によって粒の大きさが異なるので、飲みやすいサイズのものを選んでください。

それほど多くありませんが、ジェルタイプの青汁もあります。

ジェルタイプの青汁は、クセがなくゼリー感覚で美味しく食べられるので、野菜嫌いな人や子供に人気です。

ただ、食べやすくするために添加物が多く使用されていることがあります。

そのまま食べることもできますが、味が気になる場合はヨーグルトなどに混ぜると美味しく食べられます。

ジェルタイプの青汁を購入する際は、どんな成分が配合されているのか必ずチェックしましょう。

添加物が多く使用されているものだと逆に健康を害する危険があるので注意してください。

Line

青汁の種類のまとめ


まとめると青汁の種類は、

・冷凍タイプ
・粉末タイプ
・サプリメントタイプ
・ジェルタイプ

の4つです。

人によってどのタイプの青汁が向いているのか異なるので、じっくりと自分に合ったものがどれなのか考えてから選びましょう。

価格を比較すると基本的に粉末タイプが一番リーズナブルです。

飲みたいけど金銭面が不安という人は、コストパフォーマンスに優れた粉末タイプを選ばれた方がいいかもしれません。

Line