青汁 原料

青汁に使用される原料って?
Line

青汁によく使用される原料とは?


ここでは青汁に使用される原料について紹介しています。

使用されている原料によって効果が異なるので、どのようなものが使われているのかチェックしてから青汁を選びましょう。

Line

青汁によく使用される5つの原料


青汁によく使用される原料は5つあります。

・ケール
・大麦若葉
・明日葉
・クマザサ
・長命草

最も多く青汁に使用されているのがケールです。

ケールは栄養価が非常に高いことから「野菜の王様」ともいわれています。

ただ、ケールの青汁を飲む時に注意したいのが味とニオイです。

ケールは独特のクセがあるため、人によっては苦手な場合があります。

野菜の味や香りが苦手な人だと飲めない可能性があるので、気をつけないといけません。

最近、増えているのが大麦若葉を主原料とした青汁です。

ケールと同じように栄養価が高いのにも関わらず、クセのない植物なので、野菜が苦手な人でも飲むことができます。

SOD酵素と呼ばれる生活習慣病予防に効果的な成分が含まれています。

ケールの青汁が合わないと感じた人は、大麦若葉の青汁を試してみてください。

明日葉にはカルコンと呼ばれる特有成分が含まれています。

肥満を防ぐ働きやむくみを解消する効果があるので、ダイエットをしたい人や体型を維持したい人におすすめです。

生命力が非常に強いクマザサには、免疫力を高める働きがあります。

クマザサ配合の青汁を飲み続けることによって、風邪やウイルスに負けない元気な体を作ることができます。

長命草は沖縄に自生する植物で、栄養価が高いことから青汁に使用されることが多いです。

ポリフェノールを多く含んでおり、老化予防が期待できます。

また、プテリキシンという肥満を予防できる成分も含まれています。

Line

青汁に使用される原料のまとめ


まとめておけば青汁に使用される原料は、

・ケール
・大麦若葉
・明日葉
・クマザサ
・長命草

の5つです。

また、この他にもよもぎやクロレラなどが使われていることもあります。

どの原料にどのような効果があるのか、どの原料が飲みやすいのかなどといったことをしっかりと理解して、自分に合った青汁を選んでください。

色々な効果を1つの青汁で実感したい場合は、1種類だけではなく、複数の原料が使用された青汁がおすすめです。

ちなみにドラッグストアで販売されているものよりも通販限定の青汁の方が品質のいい原料を使用している傾向があるので、買うなら通販の方がいいでしょう。

Line